Nenetは東京ゲームショウ2016に出展いたします。

昨年に引き続き2016年もNenetは東京ゲームショウ(TGS)に出展いたします。

ブースは本年よりNenetのゲームを多くのみなさまに体感頂けるようにインディーゲームコーナーで展開します。

Nenetブースでは11月に配信予定の新作3Dアクション

『むちゃぶり姫は働かない』

『むちゃぶり姫は働かない』スタート画面

と、ステージ大幅追加した

『ゾンビ東京』

で試遊+粗品進呈のハイスコアチャレンジを実施します。

<新作アンケートも実施>ご来場の際はぜひインディーゲームコーナー9-B10のNenetブースまで!!

APPLIONさんでベクトロスが好評価を頂きました!

APPLIONさんでNenetのベクトロスが76pointの評価を獲得しております!

iPad向けの評価が76で

iPhone向けの評価が60ポイント。

iPhoneもiPhone 6 Plusなど、ほぼPS Vitaと同じ画面サイズになったので
評価が上がるといいなぁ遠思った次第。

また、どこかで評価が上がりましたら、ポストしていきたいと思います。

 

情報引用元: ベクトロスのレビュー – iPadアプリ APPLIONさん.

VECTROSが2013年のWebby Awardを受賞しました。

VECTROSがWebby Awardsを受賞しました。

バージョンアップと一緒に発表しようと準備をしていたのですがタイムアップ。

2013年が終わろうとしているので、このタイミングで発表させていただきます。

また、後半のバージョンアップは開発は続行しておりますので
折を見てご紹介させていただければと思います。
(めどが立ち次第、こちらでご紹介させていただきます。)

 

それでは皆さままた来年もよろしくお願いします!

Nenet 佐藤健二

『VECTROS SOUND TRACK(ベクトロス サウンドトラック)』がAmazonさんで予約開始!

Amazonさんで『ベクトロス サウンドトラック』の予約が開始されました!


リリースは4月26日!ということで、Amazonで購入したいな!ってひとは
もうちょっとだけお待ちください☆

サウンドトラックはNenetが開発、発売したVECTROS の音楽
小倉久佳音画制作所が制作したサウンドの数々を
再度マスタリングして提供するCDのアルバムです。

スーパースィープさんで既に発売しているアルバムですが
Amazonさんで取り扱いが始まるっていうのはまた何か良い感じですね。

 

秋葉原の展覧会でVECTROSの3DCGが展示されます!冬野灰馬氏『シューティングゲーム美術館』@ナツゲミュージアム

秋葉原のナツゲーミュージアムで3D クリエイター 冬野灰馬氏の個展
シューティングゲーム美術館」が開催。
2013年3月1日(金)~3月24日(日) 入場無料 アクセスはこちら。

※土日を中心とした開催になりますので、開催日、開催時間は
下記のリンク先カレンダーをご覧ください。

冬野灰馬氏のフリー活動開始を記念した初の個展で、ゲームセンターを賑わせた
名作をモチーフにしたグラフィックから、現在取り組んでいる最新ゲームに関する
プロジェクト等、過去から未来へを俯瞰する意欲的な内容となっております。

会場では、名作シューティングゲームをモチーフにしたグラフィックとともに
Nenetの3Dシューティングゲーム『VECTROS』の3Dグラフィックが展示されます。
ベクターグラフィックスのイメージが強いベクトロスですが、3Dでみるとまた格別。
秋葉原にいらした際はナツゲミュージアムへ!(昭和通り方向の駅近くです)

画像はVECTROSの制作中のイメージ

展覧会公式サイト      http://stg-museum.muse.weblife.me/#id60
ナツゲーミュージアムサイト http://www.t-tax.net/natuge/

<シューティングゲーム美術館では下記のグラフィックを展示しています。>

ビューポイント ©SEGA
ASO ©SNK PLAYMORE ※「ASO」はSNK プレイモアの登録商標です。
グラディウス ©Konami Digital Entertainment
グラディウスⅡ(描き下ろし新作) ©Konami Digital Entertainment
スターフォース ©1984 コーエーテクモゲームス All rights reserved.
宇宙戦艦ゴモラ ©TACT
ソルジャーブレイド ©Konami Digital Entertainment
イグジーザス ©TAITO CORPORATION 1987 ALL RIGHTS RESERVED.
バトルシャーク ©TAITO CORPORATION 1989 ALL RIGHTS RESERVED.
雷電Ⅱ ©1990 1993 1994 1995 SEIBU KAIHATSU.INC.,
天聖龍 ©JALECO LTD.
SUPERCHAINCRUSHERHORIZON ©MINDWARE MUSIC©LOGICBOMB
VECTROS ©2009-2013 Nenet All Rights Reserved.

 

作者紹介
冬野灰馬
3Dクリエイター、ゲームグラフィッカー。

1971 年北海道出身。
1991 年株式会社ZOOM 就職を機に、以降ゲーム業界でグラフィッカーとしてのキャリアを積む。
幾つかのゲーム開発会社を経て現在フリー。
2008 年より会社勤務と並行してシューティングゲームをモチーフにしたイラスト作品の制作を開始。
後にシューティングゲームサイド誌に連載されるそのイラスト作品群が今回初の展示となる。
ディープなドット絵の制作経験とハイエンドな3D、黄金時代のゲームシーンを肌で感じた記憶を武器に、
懐かしくも新しい独特のイラスト作品を意欲的に制作。

 

協賛

有限会社マインドウェア

株式会社モーク・ワンNenet 事業部

クラリスディスク

有限会社エムツー

株式会社スーパースィープ

20130116NenetのVECTROSがApplivさんに掲載されました。

NenetのVECTROSがApp-livさんに掲載されました。

マゼンタのリンクボタンが何となくウキウキさせtられますね。

ちなみに、AppLivさんのサイトはこちらです!

 

iPhone Magazineさん4月号で『VECTORS』が紹介されました! #nenet #iphone

77ページの買う価値あり!安心・有料アプリ

でベクトロスが紹介されています!いますぐ書店へ!見てみてください☆

コーナーのタイトルはこんなかんじになっています!

米国IGNさんのiPhone発売中のゲームでVECTROSが8位になりました! #iphone

これは嬉しい!VECTROSがIGNさんのiphoneゲームの中で8位になってます!
(2013年2月1日24時20分現在)

VECTROS、実はアメリカでココ数日売れてきているようで、是非皆様も
お手持ちのiPhoneなどで確かめてください!!!1

 

20130119Yahoo!JapanニュースでVECTROSが紹介されました!

おなじみYahoo!ニュースさんにも『VECTROS』が紹介いただきました。

内容に関してはロコレポさんの転載なのですが、Yahoo!ニュースさんというのが
また嬉しいですね~

各紙面でレイアウトが違ったり、掲出広告に違いがあるのも面白いですね。

iNSIDEさんはマクロスで、Yahooさんはガンダムですね~

ドモンがいいと思います。

 

20130119iNSIDE FOR ALL GAMERSさんの【ロコレポ】第14回

iNSIDE FOR ALL GAMERSさん、世に言うい「iNSIDE」さんに
1月19日に『VECTROS』を掲載いただきました!

直感的で新鮮!と操作部分を評価いただき嬉しい限りです。
操作感を拘って時間を掛けていたと開発から聞いているので
しっかり作った部分は伝わあるのかな。とちょっとホッとしています。

あと、ボリュームに関しては、2月下旬をおまちください!と言う感じですね。

全ステージ揃うとそれはまた違う印象のゲームになるのではと思います。

 

あと、 ロココ試作型さんのイラストがチャーミングでいいっすね。


うん。イイ。